201009idoll_fujiya

みさとさん【藤屋人形館 館長】

東京をメインに積極的にドールイベントにディーラー参加されている藤屋人形館さま。
子供の頃にぬりえに親しみ、今回D&L MemE との出会いをきっかけに企画・販売にご協力いただいています。
そこで、館長のみさとさんに、趣味やぬりえに関するお話を伺いました。

―お名前とお仕事や趣味を教えて下さい。

HNは、DOLLに関しては、「藤屋人形館」館長のみさとです。平日日中は会社員をしていますが、DOLLのアクセサリーやウィッグ制作の他、時々はビーズアクセサリーなどの作品をオーダーを受けて制作したり、イベントで販売したり、たまに子供たちに教えてあげることもあります。その時は、また別の名前を使っています。
手作り全般好きなのですが、一番得意で長く続けられているのがビーズなんです。

―ビーズ作品を作られるときなどに、色に関して何かこだわったりされていることはありますか?

ビーズ作品は、色合わせによっては本当に残念なほど安っぽくなってしまうことがあるので、大人がちゃんと普段“使える”ビーズアクセサリーを目指して作っているつもりです。
自分で身につけるものならば、「カラフル」というよりも、色数を抑えた組み合わせが一番落ち着きます。
オーダーをお受けする際には、希望をお聞きしてから作ることが多いですが、お友達にプレゼントするものを作る時は、そのお友達が好きな色や雰囲気を考えて、配色のメインにするよう考えています。喜んで身につけてもらえるのが一番ですから。

また、作ったアクセサリーをイベントで手売り販売をした際などに、色合わせを誉められるととても嬉しいです♪「どこで勉強したんですか?」と聞かれたこともありますが、特にこれと言って色やビーズの勉強はしたことはありません。
ですが、子供の頃からお花が好きで、ずっと長く華道を続けていますので、色合わせにはかなり影響を受けていると思います。

写真は、2009年10月の作品ですが、華材は晒しミツマタ、つるうめもどき、そして…。つるうめもどきは秋っぽくオレンジに弾けるのですがいつまでも青い部分があって驚かれました。でも実はその「いつまでも青い」部分は造花なんです!!
既製品にはないものを作ることができるのがハンドメイドならではの魅力だと思います。

―何かビーズのアクセサリー作品をお見せいただけますか?

これは、私が大きくなってビーズにハマり始めてから…初めてのお得意さん!?になってくれたお友達の結婚式用にオーダーいただいた時のものです。
ご夫婦で桜が好きということで、結婚式会場も桜を飾るということから、希望は「桜」をイメージした、ネックレスとイヤリングということでした。

あと、DOLL用アクセサリーは・・・上のイベント展示の写真でお願いします。

―話は変わりますが、ぬりえに関する思い出を聞かせていただけますか?

子供の時に持っていたぬりえで、ものすっごく大事にしていたのがありました!!いつの間にかなくなってしまっていて、気付いた時は残念でした。
こちらで久しぶりにぬりえの話をお聞きしてからそれが何か気になって調べてみたのですが、最近判明しました。「フラワーチュチュ」というぬりえということです。分かってすっきり。今でもすごく欲しいです!
ぬりえでは、自分では消して描けない綺麗な絵と、それを自分で自由な色が塗れるのが好きでした。

あと、小学校の入学の時にお祝いで24色の色鉛筆をもらったのがすごく嬉しかったのを覚えています。
それと、なぜか色鉛筆の並べ方とかこだわった(?)時期があるんです。例えば、右から女の子の色、左から男の子の色、真中に行くにつれてどっちでもない色になる…とか、虹の並び方とおんなじ並べ方とか(でも黒とかが余る(笑))。そんなマイルールを色々考えて並べるのがマイブームな時がありました。

―最後に、「色」について一言くださいとお願いしてもいいですか?

難しく考えないで「好きなものが好き」でいいじゃない!!と言いたいです。


お話楽しかったです。
どうもありがとうございました~。
オマケに、ビーズ制作中のイメージで手元をポーズしていただき、お写真パチリ。

塗っていただいたぬりえ写真、GALLERYに掲載していますので、どうぞご覧くださいね♪

お知らせ

藤屋人形館の次回参加予定のイベント
I・Doll VOL.30
2010年12月12日(日) 11:00~15:00
会場 :都立産業貿易センター(浜松町館)
※D&L MemE のぬりえ販売もあります。ぜひお立ち寄りくださいませ。

藤屋人形館HP http://fujiya.michikusa.jp/